2017年04月18日

お気に入りスペース♪

P4140459のコピー.jpg
こちらはゆめやショールーム内のキッチンコーナーです。
カウンターにはすっきりとした白い器類が並び、ダリア、コデマリなどの花々が良く映えます。

インテリアコーディネーターが季節に合わせ、折々にしつらえを入れ替えております。

今回のテーマは「お花見」
写真中央の器は三段のお重になっており、重ねると球体になります。

ぜひインテリアのご参考にしてみてください!!
posted by ゆめや スタッフ at 11:02| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

意外と知らない「ケイソウ土」 part2


ケイソウ(珪藻)土とは、植物プランクトンの化石を原料とする塗り壁材である、というのは前回のお話でした。



実際に塗ったお宅を見ると、
ケイソウ(珪藻)土 施工例


一見すると、ビニールクロスと変わらないようですが、こちらのお宅ではテクスチャーが目立たないように仕上げているため。
他にも以下のような仕上げ方があり、下の写真以外にも様々な種類があります。

ケイソウ(珪藻)土 仕上例




なんといってもケイソウ土の良いところは「調湿作用」に優れていること。

住宅には結露という大問題があります。
木材や断熱材等の腐敗や劣化が進み、建物の寿命が短くなったり、結露によってカビが発生し住人がアレルギーを起こすこともあります。

結露の発生する部屋にケイソウ土を塗ることで、お部屋の湿度を一定に保ち、常に快適な室内空間にしてくれます。

他にも、消臭作用や抗酸化作用もあり、吸水性を利用したバスマットやコースターなどといった商品になったり、冷蔵庫の中に入れる脱臭材になったりと用途は広がっています。



質感もよく機能面にも優れているので、健康志向の昨今、ケイソウ土をご検討される方が増えています。

また、増えている理由としてDIYが普及してきたことも理由の一つ。
ホームセンターやインターネットショップで簡単に購入してDIYすることができ、自分なりのテクスチャーを楽しみ、子供たちの手型を記念に残したり、自分たちで塗ることが楽しい!という時代になっています。
ビニールクロスの上から塗れるものや、届いたら塗るだけという製品ができています。

とはいえ、一部屋を塗ったことがある経験者に聞くと、あれはあれで楽しかったけど二度としたくない、というお声も。。
すっごく疲れます(-_-;)



自分で塗ってみるもよし、リフォーム店に依頼するもよし、
兎にも角にも「ケイソウ土」はおすすめです(^_-)-☆



ゆめや 武田


神戸のリフォーム専門店『ゆめや』神戸のリフォーム/リノベーション、屋根・外壁リフォーム 株式会社ゆめや
posted by ゆめや スタッフ at 17:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

意外と知らない「ケイソウ土」


この前の春祭りでしたイベント、珪藻土(けいそうど)の置き物づくりと左官体験。

知ってる人は、「あ〜!ケイソウ土ね!」とピンとくるようですが、意外と知らない人が多かったのでご紹介します!


ショールームの展示にケイソウ土の塗り壁の展示が加わりました。

ケイソウ土 塗り壁の展示


そう!リフォームでケイソウ土と言えば、塗り壁材。

でも、実は〜

ケイソウ土とは
ケイソウ(珪藻)土は今から数万年ないし数千万年の太古に繁殖した珪藻(けいそう)と呼ばれる藻類(植物プランクトン)の化石です。
珪藻は約数10μmの大きさの単細胞植物で、内部と外部に通じる0.1〜1.0μmの無数の細孔があり、これから水を取り入れます。そして、永い年月の末、珪藻が大量に死滅、沈積し、珪殻とよばれるシリカ質の遺骸のみを残した物がケイソウ土となるのです。


そう!ケイソウ土とは、植物プランクトンの化石だったのです〜〜!

細かい孔があるため、吸水性・吸着性に優れています。
その優れた土を壁に塗りやすく加工したものが色んなメーカーから販売されている塗り壁材としての「ケイソウ土」なのです。


っと、今日はここまで!
また次回☆


ゆめや 武田


神戸のリフォーム専門店『ゆめや』神戸のリフォーム/リノベーション、屋根・外壁リフォーム 株式会社ゆめや
posted by ゆめや スタッフ at 18:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする